プリザーブドフラワー 堺市のdot.+FLOWER

コラム

  • TOP
  • コラム

目次

大阪府堺市で出産祝いにドライフラワーを贈ろう

出産祝いに何をプレゼントする?
出産祝いに何をプレゼントする?

大阪府堺市に住んでいる人や、大阪府堺市北区に住んでいる人に出産祝いをプレゼントしようと考えている人もいるのではないでしょうか。
初めて出産祝いをプレゼントする場合、何をプレゼントすると喜ばれるのか悩むものです。
出産祝いの贈答品の金額の相場は、友人や勤務先関係であれば3000円から1万円程度、身内は1万円〜3万円程度だとされています。
金額が大きくなればプレゼント選びの幅が広がりますが、受け取る側の負担にならないプレゼントを選ぶことが大切です。
相手に負担をかけず、喜ばれるプレゼントの一つにドライフラワーがあります。
ドライフラワーは生花を乾燥させたもので、フレッシュ感がないと思われがちですが、実際には出産祝いなどのプレゼントとして贈っても問題がないお花です。

 

ドライフラワーは出産祝いにぴったり
ドライフラワーは出産祝いにぴったり

ドライフラワーは扱いが楽であるため、出産祝いを受け取る側としても扱いやすく、喜ばれるプレゼントです。
生花は日持ちがしないため、プレゼントする直前にお花を買う必要がありますが、ドライフラワーは長持ちするため早めに購入して用意しておくことができます。
また、生花を持ち歩くときの状態や温度によって、花が弱ってしまうことがあるでしょう。
ドライフラワーであれば、すぐに劣化することはないので、安心です。
ドライフラワーは、お花が一番綺麗に咲いた状態で乾燥して作っています。
満開に咲いた綺麗な状態で、プレゼントすることが可能です。
出産後は、子供から目が離せず毎日慌しい生活になります。
出産祝いに贈るものは、手間をかけさせないプレゼント選びが大切ですが、生花だと水切りや生け花など、余計な手間をかけさせてしまうでしょう。
ドライフラワーはそのまま飾るだけで素敵なインテリアになり、喜ばれます。
日本でもドライフラワーはインテリアとして活用する人が増えてきました。
プレゼントする相手の好みや、お部屋の雰囲気にぴったりなドライフラワーを選んでみてはいかがでしょうか。
その場で、飾ってもらえるかもしれません。
大阪府堺市で出産祝い用のドライフラワーをお探しならdot+Flowerまで。

 

大阪府堺市でドライフラワーの寿命について

ドライフラワーにも寿命がある
ドライフラワーにも寿命がある

大阪府堺市でドライフラワーをお部屋に飾りたい人や、プレゼントしたい人も多いのではないでしょうか。
大阪府堺市にもお花屋さんや、ドライフラワーを取り扱っているお店がありますが、ドライフラワーを購入する前に寿命について知っておきましょう。
ドライフラワーにすると、ずっと飾っていられるイメージがありますが、ドライフラワーにも寿命があります。
寿命は何日間、何ヶ月間といった決まっているわけではありません。
管理している環境や、ドライフラワーの種類によって寿命が違ってきます。
ドライフラワーに適していないお花もあり、種類によっては2、3ヶ月でボロボロになってしまうものあるのです。
寿命がきたかどうか、判断するにはドライフラワーの状態を確認します。
白いふわふわとしたカビが生えたり、虫がわいたりしていると、寿命がきた証拠です。
また、色が変色してきたときも寿命です。
ドライフラワーは、お花を乾燥させてつくるため茶色っぽいアンティークな色ですが、ドライフラワーも少しずつ色が変化し、退色して枯れたような色になったときは見た目が悪くなってしまうため、取り替えた方がいいでしょう。

 

寿命を延ばすためには
寿命を延ばすためには

できるだけ寿命を延ばしたい、お気に入りのドライフラワーを長く楽しみたい人は、寿命を延ばす対策が必要です。
対策の一つは、高温多湿の環境を避けることです。
ドライフラワーは高温多湿に弱いため、できるだけ低温低湿の場所で管理しましょう。
自分でドライフラワーをつくる人もいますが、その場合はしっかりと乾燥させることが大切です。
飾っていると埃がついてしまいますが、埃はカビの原因になるため、こまめに取り除いてください。
飾り方にも工夫してみると良いでしょう。
また、直射日光や光はドライフラワーの退色の原因であるため、できるだけ暗めの場所で管理することも寿命を延ばす対策です。
ドライフラワーにおすすめのお花は、ユーカリ、バラ、ハーブ類です。
好きなお花をドライフラワーにして飾りたいものですが、適しているお花を選ぶことが寿命を延ばすポイントであるため、種類選びも大切になります。
大阪府堺市でドライフラワーをお探しならdot+Flowerまで。

 

大阪府堺市でドライフラワーを玄関に飾るポイント

大阪府堺市でドライフラワーを玄関に飾るポイント
大阪府堺市でドライフラワーを玄関に飾るポイント

玄関にお花を飾っている人も多いでしょう。 玄関に飾るお花というと、生花といったイメージがありますが、ドライフラワーもおすすめです。 ドライフラワーは玄関に飾って良いのかわからない人もいるのではないでしょうか。 ドライフラワーも玄関に飾って良いお花です。 これから玄関にお花を飾りたいという人や、生花とは異なる雰囲気を演出したい人は、ドライフラワーを玄関に飾るポイントを知っておきましょう。 ドライフラワーは長持ちするお花ですが、長期間放置していると、埃やカビの原因になります。 特に、玄関は人の出入りが多く、埃が舞いやすい場所です。 梅雨など湿気が多い時期では、靴や傘の湿気がこもりがちであるため、季節が変わるごとにドライフラワーも入れ替えましょう。 玄関に飾るのは、季節のお花を取り入れるのがおすすめです。 例えば、春は季節の草花やハーブでつくったドライフラワーのポプリ、夏はお花が枯れやすい季節であるため、グリーンのドライフラワーを花瓶に入れて飾り、秋にはイチョウや紅葉、どんぐり、松ぼっくりをお盆に乗せて飾る、冬はしめ縄飾りなど、季節を演出した玄関で訪問者をおもてなししてみてはいかがでしょうか。

 


飾り方のポイント

飾り方のポイントは、ドライフラワーを束ねて逆さまに吊るすことです。 ドライフラワー定番の飾り方でしょう。 様々な種類のお花を束ねると華やかになります。 玄関に吊るす場所がないという場合には、透明のガラス瓶に挿すか詰める飾り方がおすすめです。 ちょっとしたスペースに飾ることができます。 ガラス瓶に1輪挿し、落ちてしまった花びらを集めて瓶に詰めるとおしゃれです。 瓶詰めにするのであれば、オレンジやミントのドライフラワーと、アロマオイルを加えてポプリにしてみてはいかがでしょうか。 瓶の蓋を閉めると、密封できるため、お花の清潔さも維持できるでしょう。 玄関のドアに飾る場合は、ドライフラワーのリースがおすすめです。 好みのドライフラワーをリース台に接着するだけで、簡単にアンティークなインテリアになります。 大阪府堺市で玄関に飾るドライフラワーをお探しの際には、dot+Flowerまでご相談ください。

 

大阪府堺市でドライフラワーの香りを楽しもう


香りも楽しめるドライフラワー

大阪府堺市に住んでいる人の中には、お花が好きという人も多いのではないでしょうか。 生花も魅力的ですが、大阪府堺市ではドライフラワーも人気があります。 ドライフラワーとは、草花や枝をそのまま乾燥させたお花のことです。 生花が枯れ始めると捨ててしまう人も少なくありません。 しかし、単に枯れ始めたのではなく、ドライフラワー独特の質感と深い色合いに移り変わろうとしているのです。 ドライフラワーはノスタルジックな美しさがあります。 見た目だけではなく、香りも楽しめるでしょう。 生花は咲いている期間が短く、あっという間に香りや、見た目を楽しむ時間が終わってしまいます。 それも生花の魅力ではありますが、好きなお花の香りは長く楽しみたいと考えるのではないでしょうか。 ドライフラワーであれば、生花よりも長くお花の香りを楽しむことができます。 新鮮な生花を乾燥させることで、優しくナチュラルな香りを楽しむことができるでしょう。 お花の香りが強すぎるという人でも、ドライフラワーの優しい香りは楽しめるはずです。

 

ドライフラワーの香りを楽しむポイント
ドライフラワーの香りを楽しむポイント

ドライフラワーの中でも、人気が高いのはラベンダーです。 ラベンダーの香りは、穏やかで優しい香りをしています。 神経の緊張や不安を和らげる効果があると言われており、リラックスすることができるでしょう。 ドライフラワーは、長く香りを楽しむことができるため、お部屋に飾っている人も少なくありません。 また、中にはドライフラワーになると、香りが強くなるものもあるため、その部屋にあった好みのドライフラワーを手にとって選びましょう。 そして、ドライフラワーは、湿度が高いと、型崩れやカビの原因になる恐れがあります。 人にとって過ごしやすい環境は、ドライフラワーにとっても適しているでしょう。 大阪府堺市でドライフラワーをお探しの際には、dot+Flowerまでご相談ください。

 

大阪府堺市で人気の紫陽花のドライフラワーを飾ろう

梅雨以外でも紫陽花を楽しむ
梅雨以外でも紫陽花を楽しむ

ドライフラワーは、綺麗なお花を長い間楽しむことができるため、人気があります。 大阪府堺市で紫陽花のドライフラワーを探している人もいるのではないでしょうか。 紫陽花のドライフラワーを見たことがないという人もいるでしょう。 紫陽花は、梅雨の時期である6月上旬から7月上旬が見頃ですが、最近では紫陽花をドライフラワーとして、楽しむ人が増えてきています。 紫陽花のドライフラワーは、丸くて優しいフォルムでアンティークな色合いをしており、フラワーアレンジメントに取り入れると、華やかになり、おしゃれさが増すのです。 部屋のインテリアとして、紫陽花のドライフラワーを飾ってみてはいかがでしょうか。 玄関やテーブルの上にさりげなく飾るだけで、一気におしゃれな部屋になります。

 

紫陽花のドライフラワーを飾るときのポイント
紫陽花のドライフラワーを飾るときのポイント

紫陽花のドライフラワーは、様々な楽しみ方があります。 フレッシュグリーンの紫陽花は、数か月でベージュのような色に変わり、日当たりの良い場所に置いておくとブラウンに変色するなど、色合いの変化を楽しむことができるのです。 紫陽花のドライフラワーをどのように使いたいか、どのように楽しみたいかを具体的にイメージして、購入すると良いでしょう。 紫陽花のドライフラワーを部屋に飾るときは、カゴや瓶の中、缶、ブリキに入れて飾ることをおすすめします。 小さなお花ですが、可憐な存在感のあるお花です。 ドライフラワーの長所でもありますが、周囲に自然に馴染むので、紫陽花が目立つ場所に飾ってください。 例えば、トイレや階段の出窓、アンティークな雑貨に添えてみるなどの工夫をすると、可憐な存在感のある紫陽花のドライフラワーの良さが一段と引き立つでしょう。 生花の紫陽花は、梅雨の時期しか楽しむことができませんが、ドライフラワーは季節問わずに楽しむことができます。 紫陽花のドライフラワーでお探しならdot+Flowerへご相談ください。

 

大阪府堺市で結婚式のブーケに使いたいドライフラワーについて

結婚式のブーケにこだわろう
結婚式のブーケにこだわろう

大阪府堺市で結婚式を挙げる予定がある人もいるでしょう。 結婚式にはブライダルアイテムや、ドレス選びなどこだわるポイントがたくさんありますが、ブーケにもこだわりたいものです。 披露宴の入場やお色直しのあとの再入場の際に、ブーケを持っているだけで華やかになり、ブーケトスなどの演出にも結婚式にブーケは欠かせないアイテムではないでしょうか。 結婚式のブーケというと、生花のイメージがありますが、最近ではドライフラワーを選ぶ花嫁さんが増えてきています。 ドライフラワーは生花とは違って、すぐにしおれてしまうことや、枯れることはありません。 ドライフラワーは長期間に保存できるため、結婚式だけではなく前撮りや後撮り、二次会に使えるといったメリットがあるのです。 さらに、部屋に飾って楽しむこともできるでしょう。 また、生花と比べてリーズナブルだということもメリットとして挙げられます。

 

ドレスや結婚式のコンセプトに合わせるドライフラワーのブーケ
ドレスや結婚式のコンセプトに合わせるドライフラワーのブーケ

挙式や披露宴の費用をできるだけ抑えたいというカップルには、生花よりもドライフラワーはリーズナブルなことは嬉しいポイントですが、気になるのは見た目ではないでしょうか。 長期間楽しめるというメリットがあっても、可愛くなければ意味がないと感じる花嫁さんも多いはずです。 ドライフラワーを結婚式のブーケに選ぶ際は、ドライフラワーの可愛さが伝わるデザインを知っておくと、満足度の高い結婚式になるでしょう。 ブーケは、ウェディングドレスやカラードレス、結婚式のコンセプトにぴったりなものを選ぶことが大切です。 エンパイアドレスを着る花嫁さんは、大人クラシカルな印象にぴったりな赤と紫を染めたかすみ草とドライグリーンをまとめたドライフラワーがおすすめです。 秋の挙式には、ホワイト、グリーンにベージュをプラスすると季節感を演出することができるでしょう。 エンパイアドレスやAラインのドレスには、葉が広がるデザインのブーケがおすすめです。 スレンダーなドレスには、カモミールやラベンダーで高さのあるブーケにしましょう。 可愛らしいプリンセスラインなどのドレスには、色味の入った可愛いブーケとの相性が抜群です。 ドライフラワーのブーケが自然なおしゃれさを演出してくれます。 ドライフラワーのブーケでお探しならdot+Flowerへご相談ください。

 

大阪府堺市でひなまつりにはドライフラワーを飾ろう

ひなまつりに飾るお花
ひなまつりに飾るお花

ひなまつりの時期は、お花を飾るという人も多いのではないでしょうか。 ひなまつりには桃の花、桜、橘、菜の花を飾ることが多いでしょう。 お花を飾る理由は、桃の花は魔除け、厄除けの力があり、橘には不老長寿、桜は魔除けと邪気払いといった意味が込められているからです。 また、菜の花は、昔からひなまつりの時期に飾られていたわけではなく、春を感じることができるようにと飾る人が多いでしょう。 これらのお花以外を使用して、ひなまつりをイメージしたフラワーアレンジを楽しむ人も少なくありません。 とても柔らかい雰囲気のあるお花をひなまつりに飾ってみてはいかがでしょうか。 ひなまつりにお花を飾るときは、スイートピーやチューリップ、ガーベラ、スプレーカーネーションなど、白や黄色、ピンクなどのパステルカラーを中心にお花を選んでみてください。

 

ひなまつりが過ぎてもドライフラワーで楽しも
ひなまつりが過ぎてもドライフラワーで楽しも

ひなまつり用として飾ったお花は、ドライフラワーにしてひなまつりが過ぎた後も楽しんでみてはいかがでしょうか。 フレッシュな生花は乾燥させるだけで、ドライフラワーとしてお花を長く楽しむことができます。 さらに、春らしさを感じるお花を選ぶと、ひなまつりの日が過ぎてもお部屋に飾ることができるでしょう。 ドライフラワーに適したお花は、水分が少なく、花びらが薄くないものです。 チューリップはお花が咲き切ってから触れると一気に花びらが落ちてしまうため、ドライフラワーには適していません。 ガーベラは花びらに厚みがありますが、水分が多いお花です。 自分で綺麗なドライフラワーをつくるのは難しいですが、付け根で茎を切り落とし、花だけにすると乾燥しやすくなります。 スイートピーやスプレーカーネーションはドライフラワーに適しているお花です。 ドライフラワーになると、アンティークのような深い味わいを楽しめます。 ひなまつりに飾るお花は、スイートピーやスプレーカーネーションなどを中心に選び、あとはドライフラワーとして楽しんでみてはいかがでしょうか。 大阪府堺市でひなまつりシーズンにぴったりなお花をお探しならdot+Flowerへご相談ください。

 

大阪府堺市でおしゃれなドライフラワーを送別会で活用しよう

送別会にぴったりなお花とは
送別会にぴったりなお花とは

毎年、3月後半は送別会シーズンになります。 送別会では、今までの感謝の気持ちと、今後の幸せを祈る気持ちを込めて花束をプレゼントすることが多いのではないでしょうか。 花束のプレゼントは女性だけではなく、男性も嬉しいと感じます。 送別会でプレゼントするお花の種類は、花言葉で選んでみてはいかがでしょうか。 おすすめのお花は、スイートピーです。 スイートピーの花言葉は、門出という意味があり、送別会シーズンにはぴったりなお花です。 お世話になった上司や仲良くしてくれた同僚に、スイートピーをプレゼントしましょう。 また、送別会には適していないお花についても知っておきましょう。 送別会にプレゼントしてはならないお花の色があります。 それは、白い花です。 白い花はお葬式を連想させる恐れがあるため、避けてください。 さらに、りんどうは悲しんでいるときのあなたが好き、クロユリは呪い、黄色の水仙はうぬぼれ、自己愛、エゴイズムといた花言葉があります。 綺麗なお花でも、送別会のプレゼントとしては不適切な花言葉があるため、安易に選ばないようにしましょう。

 

送別会後はドライフラワーで楽しもう
送別会後はドライフラワーで楽しもう

送別会から日が経つと次第にお花は枯れていき、少し淋しいと感じますが、ドライフラワーにすると簡単に長期間お花を楽しむことができるでしょう。 ドライフラワーのつくり方は、自然乾燥させることです。 湿気が少なく、直射日光が当たらない風通しの良い場所にお花を吊るします。 また、ドライフラワーは乾燥しやすいお花が向いているため、もともと水分が少ないお花がおすすめです。 花びらが薄いお花はドライフラワーにするのが難しいことがあるため、注意しましょう。 スイートピーはドライフラワーに適しているお花です。 茎に針で穴を開けて、逆さにして吊るしておくとドライフラワーになるでしょう。 ダリアは感謝という花言葉があり、送別会にぴったりなお花ですが、花びらが薄いため初めてドライフラワーに挑戦する人は難しいかもしれません。 ドライフラワーにしても素敵なお花が他にもたくさんあります。 大阪府堺市で送別会用のお花をお探しなら、dot+Flowerまでご相談ください。

 

大阪府堺市でミモザの日にはドライフラワーを贈ろう

3月8日は女性に感謝をする日
3月8日は女性に感謝をする日

3月8日は国際女性デーと言い、女性の自由と平等を掲げる日として祝われています。 日本では、あまり馴染みのないイベントかもしれませんが、イタリアではミモザの日と言われおり、男性から女性にミモザを贈る文化があるのです。 世界でも、ミモザの日に女性に対するリスペクト、日頃の感謝を込めて男性から花束を贈ります。 まだ日本にはあまり浸透していませんが、恋人以外にも母親や職場の同僚に贈ってみてはいかがでしょうか。 イタリアではミモザを贈ると決まっていますが、他の国ではお花の種類は決まっていません。 イタリアの終戦後初めての女性の日は、女性にはスミレがふさわしいとされていました。 しかし、スミレは当時から高価なお花で、誰でも簡単に手に入れられるお花ではなかったのです。 そこで、イタリアに自生する身近なお花である、ミモザであれば貧富の差に関係なくどのような人でも感謝の気持ちを表すことができるということで、ミモザを贈ることが決まりました。

 

ミモザをプレゼントしよう
ミモザをプレゼントしよう

ミモザの花言葉は、友情、思いやり、力、女性らしさです。 ミモザの日にぴったりのお花と言えるでしょう。 ミモザのドライフラワーは、茎に紐を結んでぶら下げるだけで、お部屋のインテリアになるのです。 ミニブーケの場合は、ペーパーで包んである状態で飾ってもおしゃれに見えるでしょう。 玄関やリビング、トイレなどに飾ると一気におしゃれになります。 湿気が強い場所に飾るとカビが発生することがあるため、注意してください。 完成したドライフラワーは、やや深みのある黄色に変化しますが、長期間色あせることがなく、ヴィンテージライクな家具にマッチします。 ミモザだけでは味気ないという場合には、ユーカリとセットにしてみてください。 ユーカリはミモザと相性が良く、ナチュラルテイストなお部屋にぴったりです。 大阪府堺市でミモザの日にぴったりなお花をお探しならdot+Flowerまでご相談ください。

 

大阪堺市で知るドライフラワーの飾り方について

小物を使って上手に飾りましょう
小物を使って上手に飾りましょう

ドライフラワーを大阪堺市で購入したものの上手な飾り方がわからない場合には、せっかく購入したドライフラワーを十分に楽しむことができません。 大阪堺市で購入したドライフラワーにはいくつか相性の良い小物があります。 例えば輪ゴムと麻紐というのは、ドライフラワーを飾る上でとても相性の良い小物になります。 ユーカリ、ミモザといった茎の部分の長いものを装飾する際には、必須アイテムであり、優れた飾り方だと言えます。 また壁に固定する場合には、ピンが必要になります。 プラスチック製の押しピンなどでももちろん良いのですが、せっかく綺麗なドライフラワーを購入されたのであれば、小さなピンも美しさを際立たせるものを選びましょう。 おすすめは大阪堺市でも買えるブロンズ製のものや木製のピンです。 特にブロンズ製の品物というのは、相性が抜群です。 大阪堺市のホームセンターや文房具屋などで手軽に手に入ります。 虫ピンと呼ばれるものもありますが、この虫ピンを吊るすのにとても適したタイプのピンで、壁に空く穴が小さくてすみます。

 

ライティングレールを使用して吊るす
ライティングレールを使用して吊るす

リビングなどの照明を取り付けるライティングレールがあります。 このライティングレールは照明を吊るすだけではなく、ドライフラワーを吊るす時にもとてもおすすめです。 ただし、照明にあまりにも近すぎるとドライフラワーは乾燥しすぎてしまいますので、最低でも20cm程度は照明から離すようにしてください。 吊るす時に使用する専用のS字フックなどがあれば、麻ひもでまとめたドライフラワーを簡単に吊下げることができます。 このように大阪堺市でドライフラワーを購入して飾り方を工夫する場合には、小物があるだけで飾り方のバリエーションは増えますし、工夫の幅も広がります。 ただ瓶に入れて飾ったり、ケースに入れたりして飾るだけではなく、小物を使用した飾り方も面白いです。 アイディア次第で様々な使い方のできるドライフラワーですので、是非小物を使ってアレンジしてみてください。

 

Contact

dot.+FLOWER

〒591-8025 大阪府堺市北区長曽根町1900-14

TEL/FAX:072-350-0917

E-Mail:info@dot-plusflower.jp
営業時間:11:30~17:30※(土曜日)~17:00
定休日:日曜日、祝日

メールでのお問い合わせはこちら