プリザーブドフラワー 堺市のdot.+FLOWER

コラム

  • TOP
  • コラム

目次

大阪堺市で知るドライフラワーの飾り方について

小物を使って上手に飾りましょう
小物を使って上手に飾りましょう

ドライフラワーを大阪堺市で購入したものの上手な飾り方がわからない場合には、せっかく購入したドライフラワーを十分に楽しむことができません。 大阪堺市で購入したドライフラワーにはいくつか相性の良い小物があります。 例えば輪ゴムと麻紐というのは、ドライフラワーを飾る上でとても相性の良い小物になります。 ユーカリ、ミモザといった茎の部分の長いものを装飾する際には、必須アイテムであり、優れた飾り方だと言えます。 また壁に固定する場合には、ピンが必要になります。 プラスチック製の押しピンなどでももちろん良いのですが、せっかく綺麗なドライフラワーを購入されたのであれば、小さなピンも美しさを際立たせるものを選びましょう。 おすすめは大阪堺市でも買えるブロンズ製のものや木製のピンです。 特にブロンズ製の品物というのは、相性が抜群です。 大阪堺市のホームセンターや文房具屋などで手軽に手に入ります。 虫ピンと呼ばれるものもありますが、この虫ピンを吊るすのにとても適したタイプのピンで、壁に空く穴が小さくてすみます。

 

ライティングレールを使用して吊るす
ライティングレールを使用して吊るす

リビングなどの照明を取り付けるライティングレールがあります。 このライティングレールは照明を吊るすだけではなく、ドライフラワーを吊るす時にもとてもおすすめです。 ただし、照明にあまりにも近すぎるとドライフラワーは乾燥しすぎてしまいますので、最低でも20cm程度は照明から離すようにしてください。 吊るす時に使用する専用のS字フックなどがあれば、麻ひもでまとめたドライフラワーを簡単に吊下げることができます。 このように大阪堺市でドライフラワーを購入して飾り方を工夫する場合には、小物があるだけで飾り方のバリエーションは増えますし、工夫の幅も広がります。 ただ瓶に入れて飾ったり、ケースに入れたりして飾るだけではなく、小物を使用した飾り方も面白いです。 アイディア次第で様々な使い方のできるドライフラワーですので、是非小物を使ってアレンジしてみてください。

 

大阪堺市で知るドライフラワーのお手入れ方法

ドライフラワーを飾る場所には注意が必要です
ドライフラワーを飾る場所には注意が必要です

ブリザードフラワー、ドライフラワーというのは直射日光が当たるところや乾燥した状態を維持できない、湿度が高いところはできるだけ避けるようにして飾るようにしてください。 直射日光が当たると花の色あせに繋がってしまうからです。 また直射日光のあたる場所だけでなく湿度の高い場所に置くと花びらの先が透けてきたり、劣化したりすることもあります。 エアコンの風が直接当たるような場所に対しても使用しないでください。 むき出しのままの状態で飾ってももちろん綺麗ですが、やはり埃が溜まってしまうのは避けられません。 むき出しのままで飾るのであれば、できるだけこまめに埃を取り除くなどお手入れが必要です。 大阪堺市を購入したドライフラワーの理想的な保存方法は、直射日光のあたらない場所でコレクションケースなどの透明なケースに入れて飾るということです。 ケースの中に入れる場合には、乾燥剤を一緒に入れるとブリザードフラワーの状態をより長持ちさせることができます。 特にお手入れをしなくても、大阪堺市で購入したドライフラワーを長い間美しい状態を保つことができます。

 

ドライフラワーのお手入れ方法
ドライフラワーで北欧スタイルに

大阪堺市で購入したドライフラワーは乾燥させてあるものですので、水やりなどの世話は必要ありません。 しかしケースなどに入れて飾る場合には、埃に十分に注意してください。 埃を柔らかいブラシや羽のついたブラシなどで優しく払い、ドライヤーの弱風で埃を飛ばすのも良いでしょう。 入り組んだ部分は綿棒で優しく埃を取り除くようにすると、綺麗に除去できます。 直射日光を避けていても長い間放置していると埃が固まってしまい、取り除くのが困難になりますので、マメに埃を取り除くように心がけてください。 大阪堺市で購入したドライフラワーは非常にデリケートなものですので、力を入れると簡単に壊れてしまいます。 優しく丁寧に、そして汚れがこびりつく前にお手入れをするというのが鉄則です。 お手入れをするのが面倒な場合には、ケースに入れるのがやはりおすすめです。 元々乾燥剤入りのケースのものも販売されていますので、プレゼントをする場合にはケースに入っている乾燥剤入りのものをプレゼントするなどするとお手入れの手間を省くうえでおすすめです。 大阪堺市でブリザードフラワーをお探しなら、dot+Flowerまでぜひともお問い合わせください。

 

大阪府堺市のドライフラワーでおしゃれな北欧スタイルに

憧れの北欧スタイルについて
憧れの北欧スタイルについて

近年、様々なインテリアが通販などで簡単に手に入るようになっていますが、その中でも北欧スタイルというのが一つの人気ジャンルとなっています。 ヨーロッパの北部に位置しているスウェーデンやフィンランド、ノルウェー、デンマークなどの北欧の国々の人たちは、冬の間、日照時間が短いと言われており、家の中で過ごす時間が長くなります。 そのため、北欧スタイルとは、日照時間が短くても快適に過ごすことができるインテリアとなっているのです。 北欧スタイルは、温かみがありおしゃれで、ナチュラルな雰囲気となっており、春を感じさせてくれます。 しかし、北欧スタイルのインテリアや家具をただ置いただけでは、北欧スタイルの雰囲気が出るというわけではありません。 大きなインテリアや家具と共に、小物が重要なポイントになります。 自宅を北欧スタイルにしたいという人は、ドライフラワーを活用してみてはいかがでしょうか。 ドライフラワーをおしゃれに飾ることで、北欧スタイルの雰囲気になるでしょう。

 

ドライフラワーで北欧スタイルに
ドライフラワーで北欧スタイルに

ドライフラワーは、生花を風通しの良いところに干し、乾燥させた花のことです。 花が散る前の一番美しい状態で乾燥させているため、ドライフラワーのアンティークな風合いを長く楽しむことができます。 そんなおしゃれなドライフラワーを、北欧スタイルに合わせることが注目されています。 温かみのある北欧スタイルのインテリアに合わせて、天井に吊るしてみてはいかがでしょうか。 一種類だけではなく、数種類のドライフラワーを束にして飾るとよりおしゃれな雰囲気になるでしょう。 他にも、水の入ってない花瓶に生けるだけでもおすすめです。 簡単にドライフラワーを飾るだけでも、独特な存在感を放ちます。 ドライフラワーを数種類組み合わせて束にして飾っても、一輪だけでもおしゃれにみえるため、手軽に飾ることができるのではないでしょうか。 大阪府堺市でドライフラワーをお探しの際には、dot+Flowerへご相談ください。

 

大阪府堺市のドライフラワーで作ったおしゃれなハーバリウムで癒されよう

ハーバリウムとは?
ハーバリウムとは?

ハーバリウムを知っている人も多いのではないでしょうか。 ハーバリウムとは、お花などを特殊な液体の中に閉じ込めたインテリアです。 お花を長持ちさせたいという人は、ハーバリウムにすると良いでしょう。 通常、ハーバリウムは押し花などの植物標本のことを言いますが、最近ではドライフラワーを瓶の中に入れ、ハーバリウムにしてインテリアにしている人も少なくありません。 簡単に作ることができるため、お気に入りのドライフラワーを見つけて自宅で作ってみてはいかがでしょうか。 まずは、瓶をしっかりと殺菌し、乾燥させてください。 乾燥しきっていない瓶を使用すると、カビや藻が発生しやすくなるため注意しましょう。 完全に乾燥したら、ドライフラワーを瓶の中に入れます。 その際、プリザーブドフラワーでも構いません。 しかし、ドライフラワーやプリザーブドフラワーではないお花を使用すると、カビの原因となります。 また、生花は色が溶け出しやすく、数日で液体が濁ってしまい、見た目が悪くなるためおすすめできません。 最後に、専用の液体を注いでしっかりと蓋を閉めて完成です。 専用の液体を使用することで、長持ちします。 中には、自分で液体を作る人がいますが、色落ちが早いことや、長持ちしないことが多いです。 専用の液体を使用すると、枯れずに3ヶ月〜1年ほど持つと言われています。 季節が変わるごとにお花を変えてみても良いかもしれません。

 

ハーバリウムに使用するお花
ハーバリウムに使用するお花

ハーバリウムは、お手入れする必要がありません。 お花を飾りたくても、お手入れができないという人にはハーバリウムがおすすめです。 テーブルの上やテレビの横、玄関など一つあるだけで華やかになります。 ハーバリウムは、プレゼントとしてもおすすめです。 大阪府堺市でハーバリウムに使用するドライフラワーをお探しならdot+Flowerにお任せください。 お気に入りのドライフラワーが見つかるでしょう。 ハーバリウムで癒されてみてはいかがでしょうか。

 

大阪府堺市で独特の美しさがあるドライフラワーの魅力

ドライフラワーは長く楽しめる
ドライフラワーは長く楽しめる

生花を乾燥させて作るドライフラワーは、生花よりも長くその姿を保っており、独特の美しさがあります。 大阪でもその美しさを部屋などに取り入れることができ、生花にないような魅力があります。 ドライフラワーは、生花と違い開花する時期や枯れることを心配することなく、長く美しさを楽しむことができるのが魅力です。 大阪の自分のお部屋に花を飾りたいと思うならば、手間もかからずおすすめです。 扱うには直射日光に当てない、湿気に気をつけるなどありますが、お水を与える必要もなく、徐々にゆっくりと変化していく、独特の時間の流れを楽しむことができます。 花によっては花瓶などに入れなくても置いておくこともでき、独特の美しい姿を、そのまま大阪の部屋で楽しむことができます。 土に植える必要もないので、花瓶やガラス瓶に入れるのはもちろん、壁に飾ったり吊したり、天井から吊したりと、様々な方法で飾るのも、ドライフラワーの魅力と言えるでしょう。

 

生花と違う色合いを見せてくれる
生花と違う色合いを見せてくれる

ドライフラワーは、生花にはない独特の質感や美しさ、色合いを見せてくれることも魅力です。 大阪の部屋に飾れば、生花を使うのとは違う質感や美しさのある部屋にアレンジできます。 生花よりも色が深まり、落ち着いた気品ある雰囲気となるので、特にあなたの大阪のお部屋を、シックに彩りたいという方におすすめです。 そして何よりも魅力というと、その花の最も美しい姿を乾燥させて閉じこめ、長く楽しむことができることです。 そのままドライフラワーを買ってきても良いですが、買った生花やもらった花を、ドライフラワーにすると、独特の美しさを楽しめるのはもちろん、生花の時とドライフラワーの時という2度鮮やかな姿を楽しめます。 ドライフラワーにすると、生花にはないような魅力を発見できるのも、面白いものです。 生花と違い、ガラス瓶にそのまま置いたりすることもできますので、ガラスの中から見えるような不思議で独特な世界を見せてくれます。

 

大阪府堺市でドライフラワーを使ってワンランク上のリビングに

ドライフラワーで部屋をデコレーション
ドライフラワーで部屋をデコレーション

花がある大阪での生活は、毎日を豊かにしれくれます。 しかし生花は色が魅力ですが、枯れてしまい手入れしないとならないので、そんな時には部屋にドライフラワーでコーディネートしてみてはいかがでしょうか。 シンプルなリビングであれば、ドライフラワーを壁のポイントに吊してみたり、花瓶やグラスに入れて棚に飾ったりするなどの方法があります。 シンプルな部屋こそ、好きなところに飾ってみると、大阪の部屋の中を彩って鮮やかにしてくれます。 しかも生花と違い枯れることはないので、時々埃などをはらって上げるだけで良いです。 ドライフラワーを大阪のあなたのお部屋やリビングに取り入れるならば、ガラス瓶に入れて飾ざるなどできますが、衣類を壁にかけるように、吊してみても素敵にお部屋やリビングを彩れます。 棚などに置くならいくつもの方法がありますが、壁にかけるならワイヤーカゴやフックを使うと良いでしょう あなたの大阪の部屋やリビングをコーディネートするならば、全体を白で統一してみたり、またはシックにブラウンなどで統一したりすると、より色が際だち統一感のある部屋やリビングになります。 さりげなく葉っぱや木の実を配置しても、コーディネートとして鮮やかに演出してくれます。

 

生花と違う魅力がある
生花と違う魅力がある

ドライフラワーは、あなたの大阪の部屋やリビングをコーディネートするのに使えます。 生花を乾燥させると、思わぬ色に変化したり、葉っぱが形を変えたりと、生花では想像できない色や形になり、違った魅力を見せてくれます。 また、枯れることもないので、一度ドライフラワーとしてしまえば、長く楽しめます。 ただ、やはりあなたの大阪の部屋やリビングをコーディネートするにしても、ドライフラワーは直射日光に当たると色が変わることがあるので、日差しを避けて飾った方が良いです。 湿気も形を変えてしまう要因となるので、湿気の多い時期などは気をつけた方が良いでしょう。 大阪府堺市周辺でドライフラワーを探している場合は、dot.+FLOWERをご活用ください。

 

大阪府堺市でお供え花としてプリザーブドフラワーを飾ろう

お供え花にプリザーブドフラワーを飾る
お供え花にプリザーブドフラワーを飾る

お供えは神や仏に捧げものをする事を意味しており、日本では法事やお盆などで食べ物や線香をお供え物として贈ります。 お供え物をする上で、食べ物と一緒にお供え花を贈ることが多くあります。 基本的にお供え花として贈ってはならない花、飾ってはならない花はありませんが、地域によっては決め事もありますから、その地のルールやマナーを守ってお供え花選びをするようにしましょう。 仏教では一般的に菊やユリの花をお供え花として贈ることが多い為、それをベースに場の雰囲気を考えた色合いでお供え花を選ぶと良いでしょう。 一昔前までは生花が基本でしたが、今では水替えの大変さなどを考えて、プリザーブドフラワーのお供え花も増えてます。

 

プリザーブドフラワーにする利点
プリザーブドフラワーにする利点

お供え花に生花ではなく、プリザーブドフラワーにするメリットがあります。 1つ目は、臭いを発生させない事です。 生花は1日でも水を交換しないと花の茎部分とお水が腐り、悪臭を放ってしまいます。 特にお供え花を贈るお盆の時期は、昼夜暑い日が続く為、花が腐りやすくなりますが、 プリザードフラワーは生花に特殊加工を施しているので、腐ることが無く悪臭などを放ちません。 2つ目は、虫による被害を減らせる事です。 生花には虫の小さな卵が付着していることがあり、孵化した虫が仏壇の金箔などを食べてしまう可能性があります。 虫が付くことを避けて造花をお供え花に贈る人も多いですが、どうしても造花は安っぽく見えてしまいがちです。 プリザーブドフラワーは、生花のような美しい見た目で虫を発生させることが無い為、虫による被害も回避できます。 3つ目は、低コストで家計に優しい事です。 プリザーブドフラワーは、5年から10年間腐らずに飾って置けるので、生花のように度々買い換える必要がなく、長期間使用できます。 大阪堺市北区でお供え花用のプリザーブドフラワーをお探しの人はdot+Flowerにお任せ下さい。 故人に合う、ご家族が喜ぶ美しいお供え花を提供致します。


 

大阪府堺市で退職祝いにプリザーブドフラワーを贈る理由

プリザーブドフラワーは退職祝いにおすすめ
プリザーブドフラワーは退職祝いにおすすめ

退職祝いは、これまでお世話になった人への贈り物なので、今までの感謝の気持ちを込めて素敵なプレゼントを贈りたいと思うものです。 何を贈ろうかと悩みますが、プリザーブドフラワーがおすすめのプレゼントです。 退職祝いの平均相場は、20代30代なら3千円から5千円、40代以上なら5千円から1万円が好ましいとされています。 プリザーブドフラワーは、花の種類や量で安い物から高い物まで値段に合わせて対応することが可能なので、希望する金額での退職祝いを購入できます。

 

おすすめの理由
おすすめの理由

退職祝いにプリザーブドフラワーをおすすめする一番の理由は、生花よりも長期間楽しめる点です。 季節にもよりますが、生花は毎日きちんと手入れをしても、長くて1週間ほどで枯れてしまいますが、プリザーブドフラワーは5年以上楽しむ事ができます。 プリザーブドフラワーは完全な造花と違い、生花に特殊な加工を施して保存しているので、生花の美しさもあり、造花のように永久的に飾ることはできませんが、生花よりも長期間楽しめます。 また、プリザーブドフラワーは水の入れ替えなど毎日手入れをする必要が無いという点も、贈り物に最適です。 生花はプレゼントの定番で、自然な色味と香りが堪能できる素敵な品ですが、手入れが大変なところが難点です。 その点プリザーブドフラワーは、水をあげる必要がありませんから飾って置くだけで良い為、相手の手を煩わせることがありません。 また、プリザーブドフラワーは男性女性問わずどの年代でも喜ばれます。 プレゼントを選ぶ際に、退職祝いを贈る人がどんな人かを考えて、男性目線や女性目線に立って選ぶことは大変です。 お花であれば、どんな人でも喜ばれることが多い為、安心して贈ることができます。 大阪堺市北区でプリザーブドフラワーをお探しならdot+Flowerにお任せ下さい。 プリザーブドフラワーの花束だけでなく、おしゃれなフラワーアレジメントもご用意できます。


 

大阪府堺市で新築祝いにプリザーブドフラワーを贈ろう

新築祝いでプリザードフラワーを贈る際に気をつけたいこと
新築祝いでプリザードフラワーを贈る際に気をつけたいこと

新築祝いとは、家を新しく建てたときに贈るお祝いです。
新築祝いのプレゼントとして、プリザードフラワーを選ぶ人も多いのではないでしょうか。
新居に遊びに来た人の目にとまる、色鮮やかなプリザードフラワーがおすすめです。
しかし、新居祝いに贈る際には、プリザードフラワーの種類や色に気をつけなければなりません。
火事を連想させる赤色のお花は、タブーとされることが多く、プリザードフラワーを新築祝いで贈る際は気をつけましょう。
また、新築祝いのマナーとして引っ越しの直前、直後は忙しいため、渡さないようにしましょう。
引っ越しの1ヶ月前、あるいは新居のお披露目会などで渡すのがベストです。

 

花言葉で選ぼう
花言葉で選ぼう

新築祝いのプリザードフラワーは、花言葉で選んでみてはいかがでしょうか。
プリザードフラワーでよく選ばれるお花の種類は、バラです。
バラといえば、花言葉は愛や美の象徴といったニュアンスが強く、色によって花言葉が少しずつ異なります。
例えば、ピンクは上品でしとやか、白は尊敬、青は夢の実現や奇跡といった意味があります。
バラといえば、赤色が人気ですが火事を連想させるため、新築祝いには適していません。
バラのプリザードフラワーを新築祝いとして贈りたい人は、赤色以外のバラを選びましょう。
他にも、プリザードフラワーで人気の種類は、紫陽花です。
家族の結びつきを示す意味があるため、新築祝いにぴったりのお花ではないでしょうか。
プリザードフラワーは生花とは異なり、毎日水をあげたりなどのお手入れが必要ありません。
新築に引っ越ししたばかりの方は、生活が落ち着くまで忙しい日が続き、お手入れが不要で長持ちするプリザードフラワーは、新築祝いの贈り物として最適です。
大阪府堺市でプリザードフラワーを探している人は、dot+Flowerにご相談ください。
新築祝いにぴったりなプリザードフラワーを贈ることができるでしょう。



 

大阪府堺市で友人に贈るプリザーブドフラワーに適した花の種類

友人へプリザードフラワーを贈りたい
友人へプリザードフラワーを贈りたい

生花とはほとんど変わらない外観を持ちながら、お花の美しさを長く保つことができるプリザードフラワーは、結婚式や誕生日のプレゼントとして友人へ贈る人が多いです。
プリザードフラワーは、四季に関係なく楽しめるので、結婚式や誕生日に友人へプレゼントする際は、どのお花の種類を選べばいいか迷う人も多いのではないでしょうか。
これからプリザードフラワーを友人へプレゼントしようと考えている方は、お花の種類の選び方について知っておきましょう。
プリザードフラワーを販売している店舗に行くと、プリザードフラワーは陶器や箱などに飾られていることが多いです。
お花の種類も多く、デザインが豊富なものが多いでので、迷ってしまうでしょう。
友人へプレゼントする際は、誕生花を意識して選んでみてはいかがでしょうか。


 

誕生花について
誕生花について

自分の星座や誕生石などは知っている人が多いですが、星座や誕生石以外にも、誕生花というものがあります。
簡単に言うと誕生花は、誕生石のお花バージョンです。
月毎に設けられているお花の他にも、366日毎日異なるお花が設定されています。
友人の誕生日のお祝いとして人気のプリザードフラワーを選ぶ際は、誕生花からお花の種類を選んでみるのもひとつの方法ではないでしょうか。
1月の誕生花は、水仙とシンビジウム、2月はマーガレットとフリージア、3月はチューリップとスイートピーです。
また、4月はかすみ草とミヤコワスレ、5月はカーネーションとすずらん、6月はバラとグラジオラス、7月は百合とトルコキキョウ、8月はアンスリウムとひまわり、9月はリンドウと孔雀草、10月はオレンジバラ、11月はガーベラ、12月はストレチアとカトレアが誕生花になっており、日にちによって品種の色まで細かく指定されています。
しかし、注意しなければならないポイントがあります。
それは、プリザードフラワーの加工についてです。
すべてのお花の種類がプリザードフラワーの加工に適しているわけではありません。
そのため、選んだ花の種類のプリザードフラワーが見つからないことがあります。
大阪府堺市で友人へプリザードフラワーを贈ろうと考えている方は、dot+Flowerにご相談ください。
プレゼントにぴったりなプリザードフラワーが見つかるでしょう。


 

Contact

dot.+FLOWER

〒591-8025 大阪府堺市北区長曽根町1900-14

TEL/FAX:072-350-0917

E-Mail:info@dot-plusflower.jp
営業時間:11:30~17:30※(土曜日)~17:00
定休日:日曜日、祝日

メールでのお問い合わせはこちら