プリザーブドフラワー 堺市のdot.+FLOWER

大阪府堺市でお供え花としてプリザーブドフラワーを飾ろう

  • TOP
  • [コラム]
  • 大阪府堺市でお供え花としてプリザーブドフラワーを飾ろう
お供え花にプリザーブドフラワーを飾る
お供え花にプリザーブドフラワーを飾る

お供えは神や仏に捧げものをする事を意味しており、日本では法事やお盆などで食べ物や線香をお供え物として贈ります。 お供え物をする上で、食べ物と一緒にお供え花を贈ることが多くあります。 基本的にお供え花として贈ってはならない花、飾ってはならない花はありませんが、地域によっては決め事もありますから、その地のルールやマナーを守ってお供え花選びをするようにしましょう。 仏教では一般的に菊やユリの花をお供え花として贈ることが多い為、それをベースに場の雰囲気を考えた色合いでお供え花を選ぶと良いでしょう。 一昔前までは生花が基本でしたが、今では水替えの大変さなどを考えて、プリザーブドフラワーのお供え花も増えてます。

 

プリザーブドフラワーにする利点
プリザーブドフラワーにする利点

お供え花に生花ではなく、プリザーブドフラワーにするメリットがあります。 1つ目は、臭いを発生させない事です。 生花は1日でも水を交換しないと花の茎部分とお水が腐り、悪臭を放ってしまいます。 特にお供え花を贈るお盆の時期は、昼夜暑い日が続く為、花が腐りやすくなりますが、 プリザードフラワーは生花に特殊加工を施しているので、腐ることが無く悪臭などを放ちません。 2つ目は、虫による被害を減らせる事です。 生花には虫の小さな卵が付着していることがあり、孵化した虫が仏壇の金箔などを食べてしまう可能性があります。 虫が付くことを避けて造花をお供え花に贈る人も多いですが、どうしても造花は安っぽく見えてしまいがちです。 プリザーブドフラワーは、生花のような美しい見た目で虫を発生させることが無い為、虫による被害も回避できます。 3つ目は、低コストで家計に優しい事です。 プリザーブドフラワーは、5年から10年間腐らずに飾って置けるので、生花のように度々買い換える必要がなく、長期間使用できます。 大阪堺市北区でお供え花用のプリザーブドフラワーをお探しの人はdot+Flowerにお任せ下さい。 故人に合う、ご家族が喜ぶ美しいお供え花を提供致します。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Contact

dot.+FLOWER

〒591-8025 大阪府堺市北区長曽根町1900-14

TEL/FAX:072-350-0917

E-Mail:info@dot-plusflower.jp
営業時間:11:30~17:30※(土曜日)~17:00
定休日:日曜日、祝日

メールでのお問い合わせはこちら